大相撲春場所

 

下記の大阪府立体育会館で大相撲春場所が行われている。この期間中、体育会館から地下鉄、南海、近鉄など切符売り場前まで人で一杯活気で溢れている。
1951年9月に大相撲大阪場所が催された仮設国技館の敷地を活用し、1952年に飛行機用格納庫の骨組みを使った鉄骨製の体育館として竣工した。1985年に施設の老朽化に伴う全面改築工事を実施し、1987年に現在の大阪府立体育会館が竣工し、施設名を「体育館」から「体育会館」に改めた。
主に大相撲の三月場所(春場所)をはじめ、プロボクシング、プロレスなどの格闘技、黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会、プレミアリーグ、Bリーグの試合会場として利用され、隣接する大阪市立浪速スポーツセンターとともにスポーツ拠点となっている。
2006年4月1日に南海電気鉄道が指定管理者に選ばれ、運営管理全般を子会社の南海ビルサービスが受託している[1]。(参考資料:ウイキペディア 一部抜粋 加筆 書き換え)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です