戦闘機「飛燕」

 

多くの老若男女はこの展示されている戦闘機「飛燕」をじっと静かに見守っていた。会場はともかく人で一杯だったにもかかわらず静かだった。見学者はどんな思いで見ているのかは分からない、しかし関心があることは間違いない。
日本のこのような高度な技術力が現在の我が国を支えている、これからもさらなる技術力向上を目指して未来ある国にしていきたいものである。
三式戦闘機は第二次世界大戦時に大日本帝国陸軍が開発し、1943年に制式採用された戦闘機である。開発・製造は川崎航空機により行われた。設計主務者は土井武夫、副主任は大和田信である。 ドイツの液冷航空エンジンDB601を国産化したハ40を搭載した、当時の日本唯一の量産型液冷戦闘機である。 (参照)ウィキペディアより一部抜粋

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です