仁徳天皇陵

 

先日世界遺産に決まった大阪府堺市にある古墳の1つ「仁徳天皇陵」を見学した。
天気に恵まれていたせいもあり堀の周りを歩いている人たちを結構見かけた。また正面ではたくさんの人たちが写真を撮ったり楽しんでいる様子だった。しかし何分広い(古墳最大長:840メートル、古墳最大幅:654メートル、墳丘長:486メートル)ので堀の外に張り巡らされた鉄柵からはうっそうとした ”ただの森を見ている感じ” 、さらに道中休憩できる場所は広さの割に少なすぎると思う、観光に力を入れるには見学者に満足していただく手腕が問われる。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です