ワクチンその2

 

ワクチン接種
ファイザーのワクチンの有効率は95%(=ワクチンを接種した人は接種しない人に比べて発症する危険性が95%低下するという意味)で発症が20分の1になる。しかしもともと免疫力の弱い人に打っても大丈夫なのか。事実、ワクチン接種後に高齢者が死亡した例が海外で次々報告されている。雑誌では、糖尿病の人、高齢者、にワクチンは「効かない」、「危ない」というようなことが書かれている。打つか打たないかは、ワクチンの危険と便益を天秤にかけて決めることでしょうか。
[参考文献]『週刊現代』2月20号

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です