お釈迦様

 

釈迦(お釈迦様)
涅槃=全ての煩悩をなくし、高い悟りの境地に達して死ぬこと。
仏教徒は、仏陀が実在の本質を洞察し、誰に助けられることなく自分自身の精神的な努力によって自己中心主義から涅槃に至る道を見出したと主張する。
宗教の自由を認める理由:
1. 任意の確信に基づく
2. 真理についての概念や救いの掟について拘束を受けずに学ぶ権利
宗教における成功:人間がどの宗教に帰依しているかということではなく、どれだけ精神的な助力を与えることに成功したかである。
神社仏閣の参拝:神仏は人間の願いは一切受け付けない、ただし信じることによって人間の「肉体の中にある神仏」、生命体エネルギーとなり、願いをかなえるものである。このことを心して参拝することが大切である。
真の教養とは、つねに、蓄積された知識と生きた人生の倦(う)むことを知らない観察の総合なのである。
『他人をほめる人、けなす人』1997 フランチェス・アルベローニ 草思社

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です