癌の原因 第10回

 

=癌の原因 第10回=
通常は正常な細胞なのですが、この細胞の中に、何らかの障害によって遺伝子に傷が付くことで発生する異常な細胞がガン細胞です。細胞に異常をもたらせる刺激というものはどのようなものがあるでしょう。主だった癌について、現在定説となっている主要なものは、
・肺がん:煙草(タバコ)
・胃癌は:高濃度食塩の過剰摂取、煙草
・膵臓癌:煙草
・肝臓癌:肝炎ウイルス(特にC型肝炎ウイルスは長い歳月を経て、肝硬変から肝臓癌を発症することがあります)
・大腸・直腸癌:動物性脂肪の摂取量増加、植物性繊維の減少
・食道癌:煙草、アルコール濃度の高い酒、熱い飲食物
・皮膚癌:強い紫外線、放射線
・乳癌:高脂肪の食事
・子宮癌:ピエローマウイルス
その他に環境の悪化(大気汚染)、発癌性物質を含む商品、活性酸素とういろいろとあります。

一部抜粋書換え加筆
[参考文献]『濃縮液体アガリクスでガンが治った』山田準(中医師・薬局経営) 2000 史輝出版

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です