癌の原因 第3回

 

=癌の原因 第3回=
○自然からかけ離れた生き方:あまりにも自然からかけ離れた生き方、そして自分自身の心の内にこそある。ヒポクラテスは「自然から離れると病気に近づく」と記している、人間も自然の一部です。すなわち癌は自然からの伝言である。
○「慢性的なストレス」:1936年にストレス学説を提唱したカナダの生理学者ハンス・セリア博士によると、ストレスとは、外部環境からの何らかの刺激によって生体に起こったゆがみの状態を指している。そして、心身両面にストレスを引き起こす要因のことを「ストレッサ-」(ストレス刺激)という。
そのストレス刺激は;
・物理的ストレス刺激(温度、騒音など)、
・化学的ストレス刺激(排気ガス、薬物、煙草など)、
・生物学的ストレス刺激(細菌、ウイルスなど)、
・心理的ストレス刺激(怒り、不安、不満、悲しみなど)、
・社会的ストレス刺激(配偶者の死、失業など)の大きく5つに分類される。
[参考文献]『ガンが自然に消えていくセルフケア』野本篤志 がん統合医療コーディネーター 2012年 現代書林
※作成者より一言
皆さんにも心当たりがありませんか?

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です