ミネラル不足

 

<現代人はミネラル不足>
続き
現代医学は急速に進歩しているという。半世紀前からそういわれ続けてきた。だが、おかしいではないか。医学・医療がそんなに進歩、高度化が著しいなら、患者は片っ端から治療、完治。薬よ、病院よサヨナラとなって、トータルの医療費は減っていくのが道理だが、現実はその反対。医療費は国家財政の破綻を招きかねないほど膨張する一方である。
 この疑問に対して、東京芝浦にある野島クリニック院長、野島尚武さん(医学博士)の答えは明快だ。
下記より一部抜粋書換
[参考資料]野島久武医師 健康教室 THE BUSINESS SUPPORT 2006

次回に続く

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です