体験談1 

 

手足のむくみが取れて体重が20キロ減(52歳・女性)
 40代後半になったころから、体についた脂肪が気になるようになり、顔や手足のむくみに悩んでいました。朝起きると手のむくみがひどく、足はいつもパンパン張っていて、指にはめていた指輪がきつく感じるほどだったのです。
 とくに息子が受験するころは、毎日お弁当や夜食つくったりして、かなり疲労を感じていました。いま思えば、副腎の疲労が進行していたのだと思います。
 でも、あたりまえですが、子供の成績は親がコントロールできません。そのため、不安になるとついストレスから甘いパンやケーキを食べてしまい、食事もパスタなどで簡単に済ませていました。息子より早く寝るのもなんだか悪いと思い、気づけば慢性的な睡眠不足にもなっていたのです。
 ただ、あまりにむくみがひどいので医師の診断を受けたところ、小麦中心の食生活によって体内に炎症が起き、体内に水分がたまっているとのことでした。
 それを治すには、大好きなパンやケーキをやめるしかありません。つらく感じましたが、きれいになった自分の体を想像して、小麦抜きの食生活を始めました。さすがに1週間目はきつかったですが、2週目は案外平気になり、顔、手、足のむくみがかなりよくなりました。むくんでいた部位の2キロほどはすぐやせるので、手足が軽くなって快適でしたね。
 また、肩こりや頭痛も軽減され、体がどんどん楽になっていくので、「これなら続けられるかも」と思えました。結果がはっきり見えるからこそ、続ける意欲が湧いてきたのだと思います。結果的には、約1か月半で体がかなり楽になり、半年後には約20キロ弱もやせることができました。
下記より一部抜粋
[参考文献]『長生きしたけりゃ小麦は食べるな』 本間良子医師 2020 アスコム
投稿者:昼食・夕食は昨日から開始、朝食は週末から開始予定。何が起きるか、どんな変化がみられるか楽しみ、今から、ワクワク、枠枠、湧く!
#医者 #薬 #病院不要 の生活を目指す
医者・薬・病院不要

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です