沖縄の黒糖苦境

 

=沖縄の黒糖苦境=
離島の主要産業が無人危機
販売不振で日本の安全保障にまで影響しかけない
 沖縄県は、離島振興策としてサトウキビ農家や製糖業者に補助金を出している。だが、製糖業者は販売激減で収入が細った上に在庫の保管料がかさみ、経営は「どこも火の車」という。製糖業者の経営が行き詰まると、何が起こるのか。製糖工場が立ちゆかなくなれば島の農業が成り立たなくなり、無人島になってしまう」。
 島は台湾から約110キロ、尖閣諸島から約150キロしか離れていない。尖閣周辺では、中国の公船が日本領海への侵入を繰り返している。2016年から自衛隊が駐屯し、領土防衛の最前線になっている。「自衛隊もいるが、島を守っているのは昔から住んでいる島民だ。「尖閣諸島はかつお節工場などの産業がなくなり無人島になった。国境に近い島が同じようになるのは避けなければならない」。
[参考資料]毎日新聞2022.01,06号
一部抜粋書換加筆
投稿者:島民と国境を護るために県や国はもっともっと力を入れるべきである。日本の政治家はよくよく考えねばならな、遅すぎないように手を打つべきときがそこまで迫っている。
 私は沖縄の黒糖を長らく使用している、ミネラルが多く含まれ健康的な食べ物である、皆さんもいかがですか。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です