お初天神

 

「お初天神」の名で広く知られる露天神社(つゆのてんじんしゃ)は、元禄16(1703)年に露天神社の境内で実際にあった心中事件を題材に、近松門左衛門が人形浄瑠璃「曽根崎心中」を書いた。以後、その女主人公の名前「お初」にちなんで「お初天神」と呼ばれるようになった。(公式ホームページ参照)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です