ミネラルの質と量は「生命の鎖」

 

ミネラルの質と量は「生命の鎖」
ゲノムサイエンスでやがて解明される不思議な仕組み

ビタミンやミネラル、アミノ酸などの必須栄養素は、バランスよく摂取されなければならない。1977年パントテン酸を発見して国際的に有名になったアメリカの生化学者ロジャー・ウイリアム博士はこれを「生命の鎖」と呼んで、そのバランスの仕組みを明らかにした。
 博士の研究によれば、私たちが生命活動を健全に維持するためには、必須アミノ酸(蛋白質)、ビタミン、ミネラルの各栄養素が相互に関連した「生命の鎖」がバランスよく形成されなければならないとし、これらの必須栄養素は互いに密接に関係して1本の鎖のようにつながっているので、どれか1つの栄養素が不足しても、鎖はそこで切れてしまうと表現したのである。
下記より一部抜粋
[参考資料]野島久武医師 健康教室 THE BUSINESS SUPPORT 2006
次回に続く

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です